▲トップページにもどる
  
高度な検索 | サイトマップ
ޤĤ֥  >  最新エントリー

せたがや子育てネットブログ

今年に入ってから、 浜松市、神奈川県大井町、文京区、栃木県芳賀町&宇都宮市、 台東区、茨城県水戸市、あちらこちらに伺いました。 自分の街と比べてどうかな・・・という視点で いろんなお話をうかがったり、逆に伝えたりしました。 よそを知っていると、自分のまちの良さもわかるし、逆に課題も見えてくる。 いい取り組みは、ほほう、わが町でもできないかな?とヒントになる。 そこに住む人たちの暮らしや文化で、取り組みや制度も変わってくる。 世田谷は広いから、区内でも地域によって違いがある。 小さいエリアで、そこの人たちが集まって語り、アクションを起こす ということがこれからもっとたくさん必要になってくるように感じます。 4月3日夜、三軒茶屋で、 まずは区内から集まって、わがまちのこども・子育て環境について ワイワイ語り合えたらいいなと思い、準備しています。 ぜひご予定しておいていただけるとうれしいです。 まつだたえこ
第10回全国子育てひろば実践交流セミナーinおおさかに行ってきました。
全国から子育てひろばの実践者が参加して、熱い2日間でした。
その参加者数、なんと888人!

私は二日目の第1分科会のグループファシリテーターを担当しました。
子育てひろば(地域子育て支援拠点)に関わる時のふるまいについて意見交換を
し、ロールプレイで来場者の気持ちになってみたりしました。

私が自分で親子が集まる場所をひらいたのは、今から13年前。
長男が5カ月の時、場所は三重県津市の小さな町の自治会館がスタートでした。

常設の場所が欲しくて、場所を持ったのは10年前、
東京に帰ってきた次男7カ月の時。

それからずっと、地域の親子の居場所をつくりつづけてきました。

「作り続ける」場所なのです、居場所って。
つくったらおわり
というものではないように思います。
ひろばは毎日がライブ。生もの、二度と同じ日は来ない。そんな場です。
そこをつくっているのは、きっと、そこに来てくれている人達なんだと思います。

今せたがや子育てネットが運営している
キッズスペースぶりっじ@rokaも
みんなの居場所になりたくて丁寧につくりつづけているところです。
たくさんの地域のお母さん達が、場を一緒につくってくれています。
いつも本当にありがとう。

居場所は、自分たちでつくれるよ

それが私が伝えたいメッセージ。

たくさんの実践者と語り合い、
居心地のいい居場所をお互いにつくっていきたい
と思って大阪を後にしました。
謹んで地震による災害のお見舞いを申し上げます。

大自然の前に無力な私たちですが、自分たちにできることをしていきましょう。
節電をこころがけ、不要な外出をさけましょう。

近隣と声をかけあいませんか?
こんなときこそ、美しい言葉で話しましょう。感謝の気持ちで過ごしましょう。

テレビ等からの恐ろしい映像を繰り返し家庭で流していませんか?
子どもたちには、わらべうたを。絵本を。そして、笑顔を。

特定非営利活動法人せたがや子育てネット (アクセス
156-0051 東京都世田谷区宮坂2-21-1 Nハウス経堂
TEL:03-6796-3939 FAX:03-6796-3940