子育てしながら街へ出よう

せたがやこどもフードパントリーのお礼

ご支援くださったみなさまへ

新型コロナウイルスの影響で、家計がピンチで困っている!
そんな家庭をささやかでも食べ物で応援したいと4月14日から始めた「せたがやこどもフードパントリー」。

第一弾では、4月14~17日、21~24日までの8日間、計12回の活動で、89家庭が利用され、188人のお子さんに、520食を届けることができました。
第二弾では、4月29~30日、5月1日、5月6~8日までの6日間、計8回の活動で、105家庭が利用され、226人のお子さんに、567食を届けることができました。

保護者からは、

“子どもが美味しいと言いながら笑顔で食べてました。お菓子や果物は買えないので、デザートだ!おやつもある、と喜んだ顔を見れて良かったです。本当にありがとうございました。”
“意外に多くの方が利用していらして、ハードルは高くないんだなと。支援を受けたければ、受けていいんだなという印象を持ちました。食料があるというのは安心感に直結します。”

といった声が寄せられています。

これほどまでに多くの子どもたちに応援の気持ちを届けることができたのは、みなさまから温かいご寄付をいただけたからです。
心から感謝いたします。ありがとうございました!

また、なにぶん初めてのこと、不慣れなことばかりで、せっかくお気持ちを寄せてくださっているみなさまにも不義理をしてしまうかもしれません。どうぞご容赦ください。

これからも感染拡大予防をしながら、子どもたちや家族のために、微力ながら続けていきたいと思います。
引き続き、ご支援・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

せたがやこどもフードパントリー実行委員会

※引き続きのご支援もよろしくお願いいたします!詳しくはこちら

(フードパントリー実施日の様子)

 

一覧へ戻る