子育てしながら街へ出よう

「子ども白書2020」が出版されました!

内容:

子ども・教育分野で初のコロナ問題単行本。20人余の専門性ある編集委員の総力で、コロナを機に浮き彫りになった家庭の困窮・格差や学校に求められる役割を基に、これからの学校と学びの行方について社会の根底から問いかける。

編集者のコメント:

日々状況が変化し続ける2020年3~6月のコロナ問題を子どもとその実践現場から、いかに出版として企画できるかは、まさに手探りでした。だんだんわかってきたことは、子どもたちの声を聞き姿をとらえるということ、保護者・家庭、学校や子どもの現場に起こっている具体的な事実を知ること、オンラインなど多様で新しい方法でスピード感をもってまとめられた調査報告の力を借りることなどによって、今は、とにかく、この「コロナ」を記録することに着眼点を据えることができました。本書は多くの方々の想いをもとに、その成果をまとめています。

せたがや子育てネットの代表理事・松田妙子も執筆者として参加しています。
興味深い記事がたくさんあります。ぜひご覧になってみてください。

詳しくは以下のリンクからどうぞ。
http://www.kamogawa.co.jp/kensaku/syoseki/ka/1101.html

一覧へ戻る